小沢眼科内科病院

ロービジョンケア

ロービジョンケアとは、眼鏡をかけても見にくい、視力は良くても視野が狭い、眩しいなど、日常生活に支障をきたしている方のために行うケアです。
眼鏡や、ルーペ、拡大読書器、遮光眼鏡の補装具の選定や使用指導、その他情報提供をおこないます。

【動画】ロービジョンケア

ロービジョンとは

ロービジョンとは、通常の眼鏡やコンタクトレンズ、手術などの治療では見え方の改善が難しい状態です。
視力や視野など様々な機能が組み合わさって見ることができていますが、そのうち1つでも障害されると見る力は低下してしまいます。程度に関係なく、日常生活に不自由を感じている方はロービジョンであるといえます。

ロービジョンケアの流れ

ロービジョンの予約をお取りください。
視覚障害者手帳取得済みの場合はお持ちください。
(公費で補助具の購入が可能です。自己負担あり)
お使いの眼鏡やルーペなどありましたらお持ちください。

ロービジョンケア

問診・検査

視力検査や視野検査など必要な検査を行い、日常生活の困りごとをお伺いします。
*生活での困りごとは些細なことでも構いません。

例えば

  • 新聞が見えにくい。
  • 包丁を使うのが怖い。
  • 届く回覧板が見えにくい。
  • 近くのスーパーまで行くのが怖い。
  • スマートフォンを使いたい。
  • 時間がわからない。
  • バスや電車の時刻を知りたい。
  • 夜が暗くて怖い。

ロービジョンケアを行います。

補助具の紹介や福祉サービスのご案内、スマートフォンアプリの紹介など患者さまのライフスタイルに合わせたケアを行います。

当院ではロービジョンケアが必要な患者さんに対して視能訓練士がロービジョンケアを行なっています。
様々な補助具を使用することで、見えにくさをカバーすることができます。

補助具の紹介

拡大読書器

カメラで撮影した映像をモニターに大きく表示し、文字や画像を大きく表示し、文字や画像を拡大して見ることができます。新聞、雑誌、本などを見る際に便利です。

  • ロービジョンケア
    文字を大きくできる 
  • ロービジョンケア
    文字や背景の色を変えれる

携帯型のものもあります。

  • ロービジョンケア
  • ロービジョンケア
拡大鏡

眼鏡では対応できない文字に対してご案内しています。
拡大鏡は使い方が重要なため、時間をかけて使い方をご説明しています。
書見台が必要な場合もありますので合わせてご説明しています。

  • ロービジョンケア
  • ロービジョンケア
補装具

遮光眼鏡
眩しさの原因となる500㎚以下の光を選択的にカットし、それ以外の光を通すことによって明るさを保つように作られた特殊カラーフィルターレンズです。
使用環境や眩しさの程度に応じてベストなレンズをご提案します。

  • ロービジョンケア
  • ロービジョンケア
  • ロービジョンケア

スマートフォンやipadを使用したロービジョンケア

iPhoneでは、読み上げ機能や拡大鏡のアクセシビリティが標準装備されています。アプリケーションの紹介もしています。

【Seeing AI】はカメラの機能を使って文字を大きくする拡大鏡、音声で文章を読んでくれる機能、お札を識別し、音声で教えてくれる機能があり、1つのアプリで複数のことができます。

【明るく大きく】はコントラストや明るさ、拡大鏡の機能が備わっています。

【Be my eyes】は視覚障害者の方とボランティアの方を繋ぐマッチングアプリです。カメラ越しのボランティアに自販機での購入時の手助けや説明書の代読などを依頼できます。

ロービジョンケア
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeチャンネル
CLOSE

TOP

  • 電話予約受付時間
  • 月〜土曜日の8:30-17:30
  • 休診日
  • 日曜日・祝日