小沢眼科内科病院

よくある目の症状

目がかゆい

目のかゆみは、細菌やウイルスなどの感染症やアレルギー、逆さまつげ等が原因で起こっている可能性があります。アレルギー性結膜炎によって強い目のかゆみ症状が現れている場合は、花粉・ダニ・ハウスダストなど原因となるアレルゲンを特定して、できる限りその原因に触れないように日常生活を送ることで、症状を抑え予防することができます。目がかゆいと何度も目を擦ることで角膜が傷つき視力に影響することがあります。症状がある場合は、早めに眼科を受診しましょう。

目やにがよくでる

起きた時に目頭や目尻に少量つく程度の目やにであれば正常ですが、感染力が強い細菌やウイルスなどに感染している場合は、通常より量が多くネバネバした目やにがでます。乳児で目やにが多く出ている場合は、涙を排出する涙道が生まれつき塞がっている先天性鼻涙管閉塞が考えられます。先天性鼻涙管閉塞は、自然に改善していくこともありますが、感染症にかかりやすい傾向があるので、お子さまの目やにが気になる時は眼科へご相談ください。

目の充血

白目やまぶたの裏が赤く充血している原因は、アレルギー性結膜炎、感染症、ドライアイ、虹彩炎、強膜炎、点状表層角膜症などが考えられます。普段コンタクトレンズを使用している方は、角膜が傷ついて充血している可能性があります。早めに眼科を受診しましょう。白目の一部分だけ鮮やかに赤くなっている場合は、結膜下出血によるものです。結膜下出血は、早くて数日から長くて半月ほどで自然に症状が解消していきます。何度も結膜下出血が起こる時は、結膜弛緩症が原因疾患として疑われます。結膜下出血を繰り返す場合は、眼科を受診しましょう。

目が乾燥する

目が乾くドライアイは、涙の量が減少する、涙の成分が変化して乾きやすくなっている、またはまばたきの回数が極端に減ったことなどが主な原因で発症します。幅広い世代でドライアイの発症が増加傾向にあります。パソコンやスマートフォン、タブレットの画面を長時間見ていると、無意識のうちにまばたきの回数が減っていきます。さらにコンタクトレンズをつけているとドライアイになりやすいので、注意しましょう。目の表面には、涙の膜によるバリア機能によって、ダメージから守られています。ドライアイになると、涙のバリア機能が低下して目の表面が傷つきやすい状態になります。ドライアイを放置していると眼科疾患の発症リスクが高まります。また、全身疾患の初期症状としてドライアイを引き起こしている可能性もあります。目の乾きが続くときは、眼科を受診しましょう。

物が二重に見える

片方の目で物を見た時、二重に見える場合は、乱視、白内障、網膜や角膜などの眼科疾患の可能性があります。両目で物を見た時、二重に見える場合は、斜視などの眼科疾患の他に頭部の疾患が考えられます。眼鏡をして物が二重に見える場合は、眼鏡の度数が合っていないので眼科で視力検査を受けましょう。物が二重に見える場合は、眼科に早めにご相談ください。検査の結果、脳に原因があると判断された場合は、連携の高度医療機関を紹介させていただくことがあります。

視野が欠ける

視野の一部が欠けて見えない状態は、網膜の視神経や脳に何らかの異常が起こって生じています。視野が欠けるがん疾患として、緑内障、加齢黄斑変性、動脈瘤破裂、網膜静脈閉塞症などが考えられます。これらの眼科疾患は、視神経の損傷や網膜の出血、網膜の中心に穴があくなど深刻な状態となっているので、視野欠損に気づいたら早めに眼科を受診しましょう。視野欠損は、そのまま放置していると見えない部分が広がっていき視力の大幅な低下が現れます。治療を開始しても失われた視野は回復が難しく、悪化を防ぐしかない場合もあります。通常は、両目で物を見ているので片目の視野の一部が見えない状態であっても反対の目から入ってくる情報で補うため、症状が進行するまで気が付かないケースがよくあります。見えにくいと感じた時には、眼科で視野欠損がないか調べましょう。

見えにくい、視力が低下した

パソコン・スマートフォン・タブレットなどを長時間使用して目を酷使した状態で一時的に視力の低下を引き起こすことがあります。休息や睡眠などをとって目を休ませても見えにくさが改善されない場合は、眼科疾患が原因で視力の低下が起こっている可能性があります。近視・遠視・老視などの屈折異常、白内障、緑内障、網膜剥離など視力低下が起こる眼科疾患が疑われます。急な視力低下や今まで見えていたものが見えにくくなったことに気が付いたときは、早めに眼科を受診しましょう。

物が歪んで見える

直線が歪んで見える、絵や写真が歪んで見えるなどの症状は、網膜の黄斑部分に異常が起こっている可能性があります。網膜の中心にある黄斑には、文字を認識したり細かいものを注視する役割があります。歪んで見える状態は、加齢黄斑変性症、黄斑上膜、黄斑円孔などの眼科疾患が疑われます。糖尿病がある方は、黄斑に水がたまることで物が歪んで見える場合があります。治療をしないまま、状態を放置していると失明の恐れがあります。物が歪んで見えるときは、早めに眼科へご相談ください。

いつもよりまぶしく感じる

夜間の車のライトがまぶしいと感じたり痛みを伴う場合は、目の表面が傷ついている可能性があります。白内障は、濁った水晶体が乱反射を起こすことで、いままでなんともなかったのに急にまぶしく感じるようになります。また、結膜の炎症やドライアイによって目の表面が傷ついているため、まぶしく感じることがあります。角膜が傷ついているときは、さらに痛みを伴います。まぶしいと感じる場合は、早めに眼科で検査を受けましょう。

ゴミのようなものが見える

飛蚊症は、実際にはいない黒い小さな虫やゴミのようなものが浮かんで見えます。特に、晴れた日に青空を見上げると、その症状が良くわかります。ゴミのような浮遊物の形状は、黒や透明、糸状、虫、アメーバなど、人によってその表現はさまざまです。視線を動かすことでシンクロして浮遊物が動いたり、視線を固定しているとゆっくり沈むように動くこともあります。飛蚊症は、若い方から高齢の方まで幅広い世代で起こります。眼科内の濁りが影となって見えている飛蚊症の場合は、特に問題ありません。眼球内に炎症や出血があって、網膜剥離を起こしていてゴミのようなものが見える場合は、そのまま放置していると短期間のうちに深刻な視力低下が起こって、失明する危険性があります。浮遊しているごみのサイズが大きい場合や、浮遊しているごみの数が増えたときは、早めに眼科を受診しましょう。

まぶたが痙攣(けいれん)する

目の疲れや睡眠不足が原因で、自分の意思とは無関係にピクピクとまぶたが痙攣(けいれん)を起こします。一時的な痙攣はほとんどの場合、しっかりと睡眠や休息をとることで自然に解消していきます。痙攣が長く続いたり、繰り返し起こる場合は、角膜や結膜の眼科疾患や眼瞼痙攣、片側顔面痙攣の可能性があります。眼瞼痙攣、片側顔面痙攣は、ボトックスを定期的に注射することで症状の改善がみられます。

まぶたにできものがある

まぶたに炎症が起こると、まぶたの腫れや痛み、かゆみ、赤みなどの症状が現れます。まぶたのできものは、分泌腺に細菌が感染している場合には抗生剤による治療を行います。化膿しているときは、切開して排膿することで腫れや痛みが治まります。処置をしないまま放置していると、悪化したり治療後も傷跡が残る場合があります。まぶたのできものは、なるべく触らないようにして早めに眼科を受診しましょう。

  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeチャンネル
CLOSE

TOP

  • 電話予約受付時間
  • 月〜土曜日の8:30-17:30
  • 休診日
  • 日曜日・祝日