小沢眼科内科病院

眼瞼内反症

眼瞼内反症 01眼瞼内反症とは

まぶたが内側に回転し、睫毛が眼球に当たってしまう状態です。
年齢とともに下まぶたを下方に牽引する腱(下眼瞼牽引筋腱膜)が緩むことによって生じます。
睫毛の接触が軽度であれば定期的に睫毛を抜去して対応しますが、内反が強くなってしまった場合は手術が必要になります。下まぶたの縁2〜3㎜の部位を目元から目尻まで切開し、緩んでしまった腱をまぶたに縫合し直します。

当院では下眼瞼牽引筋腱膜の前層と後層を結膜から剥離して前転させるkakizaki法を行なっております。緩みが重度の場合には、目尻に向かって靭帯を緊張させる手技を追加する場合があります。

眼瞼内反症
眼瞼内反症

眼瞼内反症 02小児の睫毛内反症

小児は生まれつき下眼瞼の皮膚が少し余っている傾向にあります。この程度が強かったり、下眼瞼を牽引する筋が少し緩んでいたりすると睫毛が眼球に当たってしまいます。加齢性の眼瞼内反症とは異なり、まぶたの位置は正常です。ゴロゴロやチクチクなどの異物感の原因になり、視力が出にくくなることもあります。治療は手術です。瞼縁に近い皮膚を切開し、下眼瞼牽引筋腱膜の前層を瞼板と睫毛側の皮下に通糸して、睫毛を外反させるHotz変法を行なっております。上まぶたの睫毛内反症の場合は、重瞼のデザインで皮膚を切開し、瞼板から睫毛側の皮下に通糸することによって重瞼を作成し、瞼縁に乗り上げている余剰な皮膚・眼輪筋を切除します。

眼瞼内反症
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTubeチャンネル
CLOSE

TOP

  • 電話予約受付時間
  • 月〜土曜日の8:30-17:30
  • 休診日
  • 日曜日・祝日