眼瞼下垂

眼瞼下垂とは

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたが下がることで見にくくなる状態を示します。

左:正常、右:眼瞼下垂の状態

下がったまぶたによって、視野が狭くなるという視覚的な障害の他、眠たそうに見えるなどの外観的な問題も伴います。
まぶたを頑張って開けようと、おでこの筋肉を使ってまぶたを上げたり、顎を上げて見ようとしたりする代償行為のため、慢性的な肩こりや頭痛の原因になることもあります。また、生まれつきの眼瞼下垂の場合、視力の発達の遅れが問題になることもあります。


眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂は3つの病態によって治療のアプローチがそれぞれ異なります。

多くは加齢の変化によって起こり、ハードコンタクトレンズを長年装用している方にも起こります。主たる原因は、まぶたを上げる筋肉(上眼瞼挙筋)の腱部分が剥がれたり、薄くなったりすることにより、まぶたを挙上させる力が伝わりにくくなるためです(腱膜性眼瞼下垂)。

手術では、挙筋の腱膜をまぶたの付着部から一度外して前転し、それを再度縫い縮めるように固定します(挙筋短縮術)。

一方で、筋肉自体の力が弱くなっている場合やまぶたを上げる神経の麻痺があるケースも。その場合、眼瞼挙筋腱膜を縫い縮めても効果がないため、おでこの力でまぶたを上げやすくする方法を選択します。眉とまぶたの間にトンネルを作り、そこに丈夫な糸やゴアテックスという人工素材を通してつり上げます(前頭筋吊り上げ術)。

一見、眼瞼下垂にみえるけれども、まぶたを上げる筋肉や腱には異状がないので、偽眼瞼下垂(にせのがんけんかすい)とも呼ばれます。治療法は、図のような二通りの方法があります。

まぶたの縁の場合

左:皮膚切除のデザイン、右:術後

まぶたの縁の皮膚を取る方法は、比較的まぶたの皮膚が薄い方が適応となります。二重のラインで切開するので、もともと一重の方は二重に。

眉下の場合

左:皮膚切除のデザイン、右:術後

眉下の皮膚を取る方法は、まぶたに厚みのある方に向いています。眉下のラインに沿って切開するので、傷のラインは眉毛やお化粧によって目立たなくなります。

生まれつきの眼瞼下垂(先天眼瞼下垂)のほとんどは「単純性眼瞼下垂」と言われるもので、原因はまぶたを上げる筋肉の繊維の減少です。
片側に症状が出ている患者さんには、視力発達の遅れ(弱視)が生じることがあります。まずは、厳重な経過観察の上、視力の発達を確認してゆきます。手術時期については、顔の成長をできるだけ待ちますが、視力の発達が遅れている場合、小さい年齢のうちに手術をしなければならないことがあります。
術式は、前頭筋吊り上げ術を選択することが多くあります。


手術を考えている方へ

当院では、まぶたの手術を保険診療で行なっていますが、美容面にも配慮しております。また、目の周囲の組織を扱うため、術後に乱視やドライアイが悪化するなどして「見る」機能を損なわないよう、留意しています。
手術当日は一泊入院をお願いしていますが、ご希望により日帰り手術の対応も可能です。まずは、心当たりの症状があれば、お気軽にご相談ください。