眼鏡・コンタクトレンズ

焦点について

眼はカメラと同様に焦点が合っていないと鮮明には見えません。
人の眼で、カメラのレンズに相当するのは角膜と水晶体、フィルムに相当するのは網膜です。裸眼で遠くがよく見える(遠くの景色や車の運転ができる)場合は、網膜上に焦点が合っています。この状態を「正視:せいし」と言います。
近くを見る時には正視の方でも焦点は合いませんが、水晶体を膨らませて近くに焦点を合わせることができます。この力を「調節力」といい、40歳程度までは近くの見え方に困ることはありません。ところが、様々な理由で網膜に焦点が合わなくなることを屈折異常・調節異常と言います。このため、網膜にはボヤけたの画像が写り、裸眼視力が低下してしまいます。

屈折異常(近視・遠視・乱視)
調節異常について

屈折異常のうち、焦点が網膜の手前にある状態を言います。主に角膜から網膜までの距離(眼軸長)が長いことなどが原因です。

焦点が網膜の後ろにある状態を言います。眼軸長が短いことによって起こる屈折異常です。若年では軽度遠視を調節力にて補うことができるため遠くも近くも見えていることが多いです。年齢とともに調節力は減衰し、近くが見えにくくなっていくことを「老視」(一般的に老眼)といいますが、遠視の方は遠くを見る時でも調節力を使わなければならないため早めに近見障害がでることがあります。

主に角膜に乱視の要素があることが多く、サッカーボールのように正円の場合、乱視はなく、ラグビーボールのように楕円であると乱視が強くなります。乱視があると焦点が分かれてしまいボヤけてみえます。

近くが見えにくいことを老視と言い、40歳を過ぎる頃から自覚症状として現れます。
このように、屈折異常や調節異常がある場合は、眼鏡とコンタクトレンズで矯正することによって焦点を合わせることができます。
近年ではパソコンやタブレット、スマホなどの長時間の近業作業が多く眼精疲労を招く可能性がありますので眼鏡やコンタクトレンズの適切な処方は眼科で行うことをお勧めします。


眼鏡処方について

眼科では必ず眼の病気がないかを診察で確認します。眼鏡処方をするのに問題なければ、眼鏡の度数を決めていきます。患者さんの見たいものの距離に応じて焦点が合うように度数を選びます。例えば、運転をする場合は遠くに、本や新聞を読むなら手元に、パソコン作業時や楽譜を読むときは実際の距離に、と聞き取りをいたします。

検査室では、選んだレンズの度数で装用できることを確認した上で処方箋をお渡します。その用紙を持って、眼鏡店で眼鏡を作成してもらいます。近年では遠近、中近、近々両用など多様なレンズがありますので、眼科にいる視能訓練士に相談してください。

コンタクトレンズついて

基本的には、眼鏡もお持ちのうえで、コンタクトレンズ処方のご相談を受け付けます。レンズ処方の前に、眼鏡の時と同じく、眼に異常がないかを診察で確認します。加えて、角膜の形状や細胞の数を調べる詳しい検査を行う場合もあります。
当院では、最新のコンタクトレンズの素材やケア用品の種類も多数取り揃えておりますので、個人のライフスタイル等に合わせてご相談させていただきます。

最近のコンタクトレンズは、素材がよくなり乾きにくくなってきました。また、使い捨てタイプでも乱視矯正幅も広くなりました。さらに遠近両用タイプの種類も増加しており、ご希望に応えることが可能となってきています。しかし、眼に直接のせるものなので、眼鏡よりトラブルも多く生じ得ることに注意して頂く必要があります。


コンタクトレンズの長所と短所


  1. 視力の矯正力が高く、眼鏡では矯正しきれない近視や乱視も矯正可能な場合がある
  2. 物の大きさが変わらない(眼鏡では、度数によって物の大きさが違って見えることがある)
  3. 視力の左右差は問題にならない(眼鏡では、度数に左右差があると眼鏡装用が困難)
  4. 視野が広い
  5. スポーツ時などに適する
  6. 顔の印象が変わらない

  1. 眼のトラブルを起こすことがある(特に角膜障害やドライアイ)
  2. 装着や日々のケアが面倒
  3. 小さい年齢には不向き(実際に装用の練習が必要)

コンタクトレンズによるトラブル

コンタクトレンズ装用による痛み、フィッティング不良、レンズのくもりなどの異常を自覚する際、決して我慢せず、早い時期に受診をしてください。
角膜に傷が付いたり、コンタクトレンズの汚れなどが原因でアレルギーを起こしたり、トラブルは決して少なくありません。場合によっては、コンタクトレンズの装用を一時中止しないと重大な視力障害につながる可能性があります。
その中でも、一番恐ろしいトラブルがコンタクトレンズ関連の感染性角膜炎です。

この写真のように角膜(黒目)に緑膿菌などの病原体が巣を作って、強い炎症と混濁を引き起こします。コンタクトレンズの管理が不十分なことによって、保存液やケース内に病原体が繁殖するものが多いとされていますが、一日交換型のレンズでも生じることがあります。こうなると、治療も長期戦となり、将来的に角膜の移植が必要になることもあります。


コンタクトレンズによるトラブル

オンラインやドラッグストアで、眼科医師の診察を受けないままコンタクトレンズを購入されるケースがあります。他の眼の病気を見逃す可能性があり、レンズのフィッティングを確認しないまま使用することはお勧めできません。コンタクトレンズ素材は日々進歩しており、最新素材のレンズの方が眼に優しいレンズになっていますので長期的に使用する場合はご検討ください。特に度なしのカラーコンタクトレンズは粗悪品もありますので、正しく装用して、眼のトラブルや病気を防ぐことを心がけましょう。