ICL(有水晶体眼内レンズ)手術

ICL手術とは?

ICLとは、Implantable Collamer Lens(=後房型有水晶体眼内レンズ)の略称で、目の中にプレート型のレンズを入れる事によって、視力を矯正します。“目の中にコンタクトを入れている”ようなイメージで、裸眼の状態でコンタクトレンズを装用している時のような見え方が実現できます。

ICLは12mmくらいの柔らかいレンズで、目の表面の小さな創から折りたたんで挿入し、虹彩(黒目)の裏側と水晶体の隙間に設置されます。日本では、2010年に国の認可を受けました。
当院では日帰りでのICL手術に対応しております。

ICL手術が向いている方

以下のような方にICLは向いているといえます。

眼鏡をかけたくない。

コンタクトが合わない。

運動をする機会が多い。

職業上の理由で裸眼視力を良くしたい。

また、以下のような治療適用が挙げられますが、実際は直接担当医の診察によって判断をします。

21歳から
原則45歳まで
中等度以上の近視
および
近視性乱視
安定した近視度数と
角膜形状
屈折異常
(近視や乱視)
以外に
眼科的疾患を
有さないこと

レーシックとの違い

近視(または近視性乱視)の矯正の有名な方法として、レーシック手術が挙げられます。ICLとレーシックの大きな違いは、元の状態に戻せるかどうかです。

ICL手術

眼内にレンズを入れたイメージ。

ICLは、レンズを眼の中に入れることで視力を矯正する、言わば足し算の治療法です。眼の中に入れたレンズを再び取り出すことができるので、レンズの度数を変えて入れ直すことが可能です。また、将来的に眼の手術が必要になる際にも影響はありません。

レーシック手術

角膜にレーザーを当てる様子。

一方、レーシックは角膜(眼の表面)に特殊なレーザーを当てることによって角膜の形状を変えて矯正します。このため、術後の見え方に不満が出た時、元の見え方に戻すことはできません。

手術費用について

ICL手術は自費診療となります。厚生労働省に認可された治療法ですが、レーシックと同様に健康保険は適用されません。ただし、保険会社によりますが医療保険が適用される場合がありますので、各保険会社にお問い合わせください。

ICL手術費用

術前検査料金:¥5,000(手術を受けられる場合は手術費用に含まれます)
※ 手術費用には術前検査、手術費用、術翌日、1週、1ケ月、3ケ月、6ケ月の診察費用が全て含まれています。
※ 手術費用は手術当日に現金またはクレジットカード(VISA・MASTER・JCB)でお支払いください。

治療の流れ

下記の注意事項を守って頂き、術前に必要な検査をお受けください。

  • 術前検査日はご自分で車を運転して来院しないでください。
    (散瞳剤の影響で眩しくなったり、視界がぼやけるため運転は大変危険です)
  • 術前検査に際し、ソフトコンタクトレンズは最低でも検査1日前から、ハードコンタクトレンズは1週間前から装用を中止してください。コンタクトレンズを長期間装用していると、角膜が変形し検査データに誤差が生じるため、挿入するICLの度数計算に狂いが生じる可能性があります。この場合、術後裸眼視力が十分に出ない可能性がありますので、厳守してください。
  • 検査当日は眼鏡をかけてご来院ください。検査終了後はコンタクトレンズを装用して頂いても構いません。
  • 術前検査には3~4時間要しますので、時間にゆとりをもってご来院ください。
  • 手術当日はご自分で車を運転して来院しないでください。
  • 手術後は散瞳しており、目の中に抗生剤の軟膏も入れるため視界がぼやけています。十分にお気をつけてお帰りください。
  • 手術前日までコンタクトレンズは装用頂けますが、手術当日は必ず外して眼鏡を装用してご来院ください。
  • 来院後は手術直前まで散瞳薬の点眼を行いますので、指定された来院時間にご来院ください。
  • 手術後の回復には個人差があります。裸眼視力はその方の目のポテンシャルによるため、屈折値が完全に矯正されても視力が1.5出る方もいれば1.0が限界の方もいます。
  • 視力が安定するまで数週間かかります。矯正が不十分な場合、追加矯正手術を必要とする場合がありますが、その際は原則術後1ケ月以降に行います。

※ 車の運転は、手術翌日の診察時に医師にご確認ください。


おわりに

ICL手術は比較的新しい治療法ですが、これまで述べたように、従来の屈折矯正治療よりメリットが多く、長期的な経過も良いことがわかっています。 当院の医師・スタッフの中にも、ICL手術を実際に受けたという経験者が多数います。眼鏡やコンタクトレンズと無縁の生活を送ると、改めて今までの不便さから解放されたと実感できます。まずは、少しでもご興味があればお気軽にご相談ください。