白内障

白内障とは

眼の中には、水晶体という構造物があります。カメラに例えるとレンズに相当する部分で、一方フィルムに相当する部分が網膜という構造物です。人の眼は、この水晶体の厚みを変化させることによりピントを調整しています。そして、指紋で汚れたレンズで写真を撮るとぼやけて写るように、水晶体が濁り、霞んで眼が見えづらくなる病気が白内障です。
早い方は40歳代から発症し、80歳を過ぎるとほとんどの方に白内障の症状が見られるようになります。その多くが加齢による変化ですが、糖尿病やアトピー、外傷などの疾患から白内障になる場合もあります。

通常

白内障


白内障の症状

白内障は非常にゆっくりと進行するため、初期の白内障では症状を自覚することがほんとんどありません。進行するにつれて、次第に見えにくさを自覚するようになります。
また、水晶体の濁り方により、見えにくさにもいくつかの種類が存在します。最も多いのは雲がかかったような霞みで、白黒や色のコントラストが低下します。天気がいい日の日差しや、夜間の運転時に対向車のライトがとても眩しく感じるようになるのも特徴の一つです。近視がとても強く進行する濁り方もあり、このタイプの白内障ではものが二重や三重にダブって見える現象がしばしば生じます。近視や乱視の度数が変化して、それまで使っていたメガネが合わなくなる、ということもあるでしょう。


当院における
白内障手術の特徴

多数の手術実績

当院では年間5,000件以上と、国内でも有数の手術実績があります。また、熟練した白内障術者が複数在籍しているため、なるべくお待たせせずに手術を受けて頂くことができます。

手術案内を見る  

手術の時期

白内障が軽度のうちは、進行を遅らせる点眼薬を使いながら様子を見ます。しかし、いったん濁ってしまった白内障を治す方法は手術しかありません。日常生活に不便を感じるようになれば手術の時期となります。
「視力の数字がいくつになったら手術」という明確な基準もないため、運転免許の更新に必要とされる視力以下に低下したときに、手術を考えるかたも多くいらっしゃいます。また、緑内障の発作を起こしそうな場合や、網膜の病気を持つ方が白内障によって眼底検査が困難になった場合などでは、自覚症状が軽いうちでも手術をおすすめする場合があります。


手術の手順

まずは目薬で麻酔を行い、以下の手順で手術を進めます。

1 黒目に切開をする

黒目の縁に、手術器具を出し入れするための小さい傷を2〜3ヶ所開けます。

2 水晶体の前面の袋に丸く切開を加える

水晶体を包んでいる透明な袋(水晶体嚢)の前面の膜を丸く切開します。

3 超音波で水晶体を乳化吸引する

眼の中に超音波の器具を入れ、先端から超音波を発振し水晶体実質を砕きながら吸い取っていきます。

4 眼内レンズを挿入

透明な水晶体嚢を残し、その中に人工の眼内レンズを挿入します。小さい切開創から入るように、レンズは折りたたんだ状態で挿入し、眼内で開きます。

5 固定が良好であることを確認する

傷が閉じていることを確認して終了です。手術時間は通常10〜15分です。


術後の見え方

白内障以外の病気がなければ、手術により視力は回復します。白内障以外の病気を併せ持っている場合は、十分に視力が回復しないこともあります。白内障手術は一般的には安全な手術なのですが、あまりにも進行した白内障や、水晶体の支えであるチン氏帯が弱い症例の手術では、手術が難しく時間がかかったり、避けられず合併症が生じたりすることもあります。このような場合では視力が回復するまでに時間がかかることがあります。


眼内レンズの選択

白内障手術で使用する眼内レンズは「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」の2種類があります。また、それぞれに乱視を矯正できるレンズ「トーリック眼内レンズ」もご用意しています。


焦点が1か所に合うレンズです。例えばレンズを遠く合わせにした場合は、近くの物にピントが合わず、近用の眼鏡が必要となります(いわゆる「老眼」の状態)。またレンズを近く合わせにした場合は遠くにはピントが合わず、遠方用の眼鏡が必要となります(いわゆる「近眼」の状態)。公的医療保険(社会保険・国民健康保険)での手術では、このレンズを使用します。全体の患者さんの95%以上の方がこの単焦点レンズを選択されています。

単焦点眼内レンズ(遠く合わせ)

単焦点眼内レンズ(近く合わせ)


焦点距離が複数あるレンズです。「遠・中」や「遠・近」の2焦点レンズ「遠・中・近」の3焦点レンズなどがあります。

多焦点眼内レンズの見え方

3焦点眼内レンズ

レンズの使用により、眼鏡をかけなくても見える範囲が広がりますが、若い頃のように遠くから近くがまんべんなく見えるわけではありません。遠くにピントが合った光と近くにピントが合った光に分散されるために光のエネルギーが減弱し、コントラストが低下します。昼間も夜間でもなんとなく視界全体がぼやける、霞むといったwaxy vision(ワクシービジョン)の症状の訴えが非常に多く、術後問題となる場合があります。また、暗い場所で電灯や車のライトなどを見るとその周りに光が滲んだり、輪ができたりするグレアやハローといった症状が出てしまうこともあります。

術後の見え方

これらの症状は術後時間とともに改善されていく場合が多いですが(脳順応)、人によってはいつまでも症状が改善されず日常生活に支障を及ぼすことがあります。6カ月程度様子を見ても改善されず、ご本人が気になる場合には多焦点眼内レンズを摘出し、単焦点眼内レンズを再度挿入するという方も1-2%いらっしゃいます。このように多焦点眼内レンズは100点満点のレンズではないので、夜間に運転をする機会が多い方や、細かいものを鮮明に見ることが必要な方(専門職・技術職・書類を見る時間が長い方・芸術関係など)はこの多焦点レンズは向きません。「遠くも近くもある程度見えれば良いから、なるべくメガネを掛けない生活をしたい」という方に向いています。見え方の質にこだわる方には、基本的に単焦点レンズをおすすめしています。また、多焦点眼内レンズを選択するには十分な適応検査が必要となり、網膜疾患や緑内障などの白内障以外の眼疾患がある場合には基本的に適応外になりますので、ご注意ください。

選定療養について

多焦点眼内レンズを用いた白内障手術は、2020年4月より「選定療養」の対象となりました。これは追加費用を患者様自身で負担していただく事で、保険適応と保険外適応の両方の治療を受けることのできる制度の対象です。具体的には、白内障手術に関わる費用は保険診療で行い、多焦点眼内レンズのレンズに関わる費用は患者様がご自身で負担頂くようになります。

レンズの価格表はこちらから

※詳しくは当院までお問い合わせいただくか、厚生労働省ホームページ「先進医療の概要について」をご参照下さい。


乱視を矯正する機能があるレンズです。乱視は角膜や水晶体の表面に歪みがあると起こります。水晶体が原因の乱視は白内障手術で軽減しますが、角膜が原因の乱視は通常の人工レンズでは残ります。一方で、トーリック眼内レンズは角膜が原因の乱視を軽くすることができます。乱視には軸があり、眼の乱視軸とレンズの乱視軸を正確に合わせる必要があります。サージカルガイダンスという手術機材は、眼内レンズの軸をより正確に合わせる助けになります。ただし術中に正しく軸合わせをしても術後の体の動きなどでずれることがあり、その場合は再手術が必要になります。
→ベリオンサージカルガイダンス装置について詳しく見る


おわりに

白内障手術は水晶体の濁りをとることにより矯正視力の改善ができる他、乱視や近視の軽減することも期待できます。そのためには、患者さんの希望に沿った眼内レンズや度数を選択する必要があります。ほとんどの患者さんでご満足いただける、確実な効果が期待できる手術です。
その一方で、人工のレンズは生まれ持った水晶体とは異なるため、若い頃の見え方と全く同じになるわけではありません。光がやや散乱するなど、ごく一部の患者さんで見え方に不満を持たれる方もいらっしゃいます。
一旦手術をして人工レンズに置き換わった眼は、手術前の状態に戻すことはできません。満足のいく治療をするためには、手術をされる前に眼科医とよく相談し、術後の見え方などのご希望をしっかりと伝えていただくことが重要です。


当院では眼科専門病院としては国内でも異例の46床を有しております。遠方からの紹介の方だけでなく、高齢で持病をもっているから入院の方が安心という方、日帰り手術だと翌日の受診が面倒なので入院したいという方など、希望があれば随時対応させていただきます。

入院案内を見る  

手術に必要な術前検査装置、手術顕微鏡、超音波乳化吸引装置、サージカルガイダンスシステムなど、精度の高い確実な手術を実現するための様々な設備を導入し、常に最新のものへの更新を心がけています。

最新機器の詳細を見る  

最近は、白内障手術を受けるタイミングが早期になっていて、軟度の白内障の症例も増えてきています。これらの症例に対し眼組織侵襲性(手術による目への影響)の少ない手術が望まれてお り、当院の小沢忠彦が目への影響が少ない器具“プロペラチップ”を開発しました。これまでの高出力な器具に対し、低侵襲に重きを置いて開発したこの“プロペラチップ”は、目にやさしい器具 といえます。2017年10月にポルトガルで開催されたヨーロッパ白内障屈折矯正手術学会で、プロペラチップを発表し、総合グランプリ(世界第1位)を受賞しました。

1.0mmほどの非常に小さなプロペラチップ。

左:既存のトアショナルチップ、右:小沢院長が開発したプロペラチップ。

難しい白内障手術の代表が「チン氏帯脆弱」です。「チン氏帯」とは眼内で水晶体を吊り下げている非常に細い糸状組織です。外傷や体質などによりこの組織が弱いと、手術操作に耐えきれずに断裂してしまい、本来なら人工レンズを収めるはずの水晶体の袋(嚢)を残すことが難しくなります。当院顧問医師の谷口重雄は手術操作に伴うチン氏帯断裂を防ぐ医療機器である「カプセルエキスパンダー」の開発者であり、難症例白内障手術の第一人者です。

カプセルエキスパンダー

カプセルエキスパンダーを用いた手術の様子

水晶体が右に偏位している症例

カプセルエキスパンダーで安全に手術を行うことが可能に

この他にもチン氏帯が弱い症例では水晶体嚢を拡張する効果のある水晶体嚢拡張リング(CTR:capsular tension ring)という補助器具があります。これは日本眼科学会からも使用ガイドラインが出ており、講習を受講し修了した医師しか使用できませんが、当院の医師の多くは講習を修了しています。

水晶体嚢拡張リング(CTR:capsular tension ring)

このような器具を使ってもチン氏帯が後半に断裂してしまった場合には、人工レンズを眼の壁(強膜)に縫い付ける「眼内レンズ縫着術」や、人工レンズのループを眼の壁に直接固定する「強膜内固定術」が必要になります。これらの手術は通常と比べて難易度が格段に高い手術ですが、当院の術者の大半はこれらの手技を修得しています。
その他にも白内障が非常に進行した症例、瞳孔が十分に開かない散瞳不良例、角膜が濁っている症例などの難症例にも対応可能です。

白内障手術は、通常であれば非常に合併症が少なく、安定した治療効果が期待できる安全で優れた手術です。しかしどんな手術でも体にメスを加える以上、合併症は皆無ではありません。

白内障手術後の一番気をつけなければならない合併症は、傷口から眼の中に細菌が混入して繁殖してしまう「術後眼内炎」です。日本全体では2,000から3,000例に対して1例発症すると言われています。当院でももちろん十分な感染対策を行っていますが、残念ながら手術を受けた患者さんの中にはごくまれに眼内炎を発症することがあります。原因となった細菌が強毒性の場合や、細菌があまりにも増殖してしまうと、最悪失明の可能性がある恐ろしい合併症です。

一旦眼内炎が発症したら、細菌が増殖する前のできる限り早期に硝子体手術を行い、眼内を洗浄する必要があります。当院の白内障術者のほとんどは硝子体手術に対応することができるため、合併症に対して迅速に対応することが可能です。

当院には常勤の麻酔科医が在籍しており、月曜から金曜まで全身麻酔による手術を行うことができます。お子さん、手術中にじっとしていることが難しい方、難症例で手術に時間がかかることがあらかじめ予想される方などでは、全身麻酔により安全に手術を行うことが可能です。